2010年04月13日

台場で発煙筒45本燃える(産経新聞)

 8日午後4時15分ごろ、東京都港区台場の商業ビル前の路上で、「かばんが燃えている」と119番通報があった。火は約15分後に消し止められ、けが人や建物への被害はなかった。

 警視庁東京湾岸書などによると、持ち主は発煙筒製造会社社員の男性(50)で、会社から譲り受けた古い発煙筒約45本を持って、台場から転居先の文京区に向かう途中だった。発煙筒のキャップ部分がヤスリになっており、同署はこすれて発火したとみている。男性は「お騒がせして申し訳ない」と話しているという。

【関連記事】
「次はクロマグロ船妨害」シー・シェパード代表予告
車両から煙!? 東京メトロが避難訓練
旧日本軍の毒ガス兵器を引き揚げ 広島・大久野島沖
海保の船で発煙筒盗まれる 福岡・苅田町
スペイン国王杯奪取のバルサで警官隊出動
「中国内陸部の資源事情とは…?」

アンチェロッティ:「モウリーニョは歓迎されるだろうが…」
ポーランド大統領事故死 「追悼70年の旅」悲劇 選挙繰り上げ実施(産経新聞)
【視点】日本の宇宙開発 有人計画、戦略練る転機(産経新聞)
アダム・ランバート、圧巻のパフォーマンス
<浅口市長選>元県議の栗山氏が初当選 岡山(毎日新聞)
posted by ナガオカ リョウヘイ at 00:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月09日

【高速道路新料金割引】現金利用車は上限料金を払え(レスポンス)

現金利用車が新たにETC車載器を買うべきか否か――。この迷いにひとつの回答を出すのが、都市高速の現金車の扱いだ。

[関連写真]

首都高速と阪神高速は、定額料金制から対距離料金制に変わる。定額料金制では料金前払いを前提として建設されてきたので、出口料金所がない。都市高速道路会社は定額料金制の下では、新たに道路を建設しても、それに見合う収益が上げられないという収支バランスの悪化を理由に、4年前に対距離料金制を検討した。この時は現金車の扱いをどうするかが課題であった。

今回、民主党政権が打ち出した距離別料金制では、「まずは試行なので」(馬淵副大臣)ということで、現金車は上限料金を支払うことで理解を求めるという。

また、NEXCO系高速道路でも、今年度に限って継続される「時間帯割引」については、ETC利用車に限定される。

ETC車載器の利用は、新料金体系への移行で利用者の利用スタイルに合わせて選択する時代になった。

《レスポンス 中島みなみ》

【関連記事】
【高速道路新料金割引】現金とETCの割引区別なし
【高速道路新料金割引】上限料金、NEXCO系は軽1000円から大特1万円
【高速道路新料金割引】 首都高速、阪神高速は対距離料金へ
国土交通省 特別編集
民主党 特別編集

<訃報>棚橋美代子さん90歳=日本化学工業会長の母(毎日新聞)
「初動捜査の進化必要」足利事件で警察庁長官(読売新聞)
<橋田賞>連続ドラマ「JIN−仁−」など受賞(毎日新聞)
薬物犯罪の最高刑、アジア16か国で「死刑」(読売新聞)
天気 近畿、冷え込む 金閣寺も雪化粧 (毎日新聞)
posted by ナガオカ リョウヘイ at 16:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。